自然派アンチエイジングは樹木から学ぶことができる

樹木が生きていく年数を重ねてゆく現象として
「年輪」というものがあります。

樹木の断面図に描かれた幾つもの輪はとても美しく、
感銘すら覚えます。

人間も、樹木と同じように生きており、年輪に等しい
肉体的な現象が「老化」ではないでしょうか。

人間、ことに女性は、この老化を恐れます。肉体的機能が衰え、
若かりし頃のお肌のハリや艶は消え失せます。

老化は、生きていく上では致し方のない自然の摂理ですが、
人間はその自然の摂理に抗うように「いつまでも若々しくありたい」
と強く願うようになります。

それが「アンチエイジング」と呼ばれる行為です。

アンチエイジングの主な対策方法は、年齢を重ねると共に減少する
機能を作り出す体内成分を補うことにあります。

その体内成分を取り入れることで、年齢の割にはいくらか若い肉体的機能
を保つことができるのです。

たとえば、お肌のハリを保つコラーゲンは、やはり年齢と共に
体内で作成される機能が衰えるため、たんぱく質から採取された
コラーゲンを多分に含んだ化粧品を使用することで、
お肌のハリを維持させるのです。

しかし、アンチエイジングの方法は、化粧品の使用だけではありません。
樹木の年輪が美しく感じられたり、老木が神々しく感じられたりするのは、
何故なのでしょうか。

実は、樹木もアンチエイジングをしているのかもしれません。
日光による光合成での栄養分を作り出すこと、雨水の恵みによる潤い、
根から採取する土の中の養分によって、

樹木が生きてゆく上で必要とする要素を得ることによって、
年齢を重ねても内側からのみずみずしい健康があるからと考えられます。

まさに「自然派のアンチエイジング」と言えるでしょう。

内側からの健康により、太く逞しい幹に見事な年輪が刻まれて、
見た目は老いていても貫禄という輝かしい存在感を放ってゆくのです。

人間は、どうしても外見的な方面に意識が傾きがちですが、
アンチエイジングを行うことによる利点は、実は健康維持にもつながるのです。

肉体的機能の低下は、お肌だけでなく健康状態にも影響します。
先ほど例に挙げたコラーゲンにしても、実はお肌のみならず、
身体の関節のクッションを充分に機能させる手助けをする役割を担っています。

このクッションの働きが減少すると、関節炎が起こり、足腰に痛みを生じ、
日常生活に大変な支障をきたしてしまいます。

コラーゲン入りの化粧品を使用することは、お肌にはよくても
身体の中までは届きにくいものです。

いくら樹木の表面に水を注いでも、根から吸収する為の水分が
行き届かなくなってしまうことと同じようなものです。

そこで、登場する方法がサプリメントの摂取になります。
バランスの良い食生活だけでは補いきれない成分を、
サプリメントによって補うのです。

お肌は、身体の中の状態を映す鏡です。
身体の中からアンチエイジングケアをすることで、
お肌のハリも維持できるための手段になるのです。

樹木の持つ「自然派的アンチエイジング」は、人間にとって
実に理想的なものと言えます。

「健康で美しく長く生きてゆくために」という意識は、
人間も樹木も同じかもしれません。

真の美しさと若さを求める人は、内面からのアンチエイジングに
意識を向けることにより、樹木のように内側から
みずみずしい健康的な輝きを手に入れることが
より一層叶うことと思われます。

サブコンテンツ

このページの先頭へ